債務整理をした事実

これが残っている期間は、新たな借入ができないでしょう。
情報は年数が経てば消えることになっていますが、それまでは誰もが見ることができる状態で残されているのです。

住宅ローンの支払いやカーローンなどが完済できないままローンの名義人が自己破産ということになってしまうと、それらのローンは解約され、少しでも借金を返すために家はもちろん車も売ることになるか、でなければ競売にかけられるものです。

ただ、債務整理といっても自己破産以外は基本的にそうしたローン契約はなくならないのですし、返済は従来通り続ける必要があります。

そのかわり、売却して返済に充当することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。すべての借金をなくすことのできるのが自己破産制度です。 借金で苦しんでいる人には喜ばしいことですよね。
ただし、メリットだけではございません。当然のこと、デメリットもございます。

家や車というような財産はすべて放棄しなければならないのです。
また、おおよそ10年間ほどはブラックリストのほうに登録される為、新しく借金は出来なくなります。
できれば家族に秘密にしたまま任意整理して借金を処分する予定でしたが、その時点でかなりの債務額になっていたため弁護士と相談して個人再生を行ないました。車の所有は許可が下りなかったものの、住宅をのこしておけただけでも幸運でした。

最終的に、債務は相当減らすことができましたし、これがキッカケで借りたお金の事実を家族に打ち明けられましたから、スッキリした気持ちです。 借金で地獄の苦しみ